消費者金融が提供する便利なサービス|ローンで助かる生活

返済金額を低くする

クレジットカード

人が生きていくためにはお金が必要になります。現代はいろいろな種類のカードローンやキャッシングがあります。大きく分けると3つに分けることが出来るでしょう。銀行のカードローン、消費者金融のカードローン、クレジット会社のカードローンの3つです。この中で一番金利が低いのは、銀行のカードローンです。一般的に、100万円以下のローンを組む場合は金利が約17〜18%になるでしょう。しかし、銀行のカードローンは金利が低く、平均が約1〜5%以下に設定されています。そのため、他の金融機関と比較した時に、銀行の場合は返済総額が低くなっているでしょう。

銀行のカードローンやキャッシング会社では、金利以外にも違うところがあります。それは、限度額です。金利ばかりに注目せずに、限度額も確認しておく必要があります。銀行だけでなく、その他の金融機関でも金利と限度額の関係は反比例しています。限度額が高く場合、金利は低くなります。逆に限度額が低く設定されている場合は、金利が高くなっていることが一般的です。つまり、少ない金額100万円以下を借りる時は、銀行だけでなく、キャッシング会社、クレジット会社でも金利が高くなるでしょう。限度額が100万円以下の場合は、最高金利の18%に設定されていることがほとんどです。

そして、支払いはきちんと行いましょう。支払いが遅れると金利が20%になることもあるのです。金利が20%になることを、遅延損害金といいます。しかし、実際は支払いが遅れる人は少ないので、神経質になるくらい気にすることはないでしょう。

Copyright© 2017 消費者金融が提供する便利なサービス|ローンで助かる生活 All Rights Reserved.